本文へ移動

会社沿革

1953年5月
日進工業所創立(刈谷市高松町)と同時に、アイシン精機(株)の協力工場となり自動車ブレーキ部品の生産を開始
1966年6月
日進精機株式会社に社名を変更
1969年6月
アイシン・ワーナー(株)(現アイシン・エィ・ダブリュ(株))設立と同時に協力工場となり、A/T(オートマチックトランスミッション)部品の生産を開始

1973年8月

刈谷市中島町へ工場を移転
1980年8月
工場及び事務所を増築
1989年5月
刈谷市野田町に東刈谷工場を新築し、A/T部品を移管
1990年5月
東刈谷工場に第二工場を増設し、ドアー・ロック部品の生産を開始
1991年8月
アイシン・エーアイ(株)設立と同時に協力工場となり、M/T(マニュアルトランスミッション)部品の生産を開始
1997年4月
刈谷市中川町に中川工場を新築し、ABS部品の生産を開始
2000年1月
ISO9002(後にISO9001に切替え)の認証取得
2018年5月
刈谷市野田町に新工場を新築し、ソレノイドスリーブの生産を開始
2018年11月
新工場に本社を移転
TOPへ戻る